アレックス・ロドリゲス(Aロッド)が引退。しかも今月中に・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Aロッドことアレックス・ロドリゲスが引退を発表しました。

アレックス・ロドリゲスが引退を表明したのが、日本時間の8日未明。

アレックス・ロドリゲスはヤンキースタジアムで記者会見を発表し、引退を表明した。

アレックス・ロドリゲスの引退は急なことなので、「全米が揺れている」

全米が揺れている笑

ちょっと1回使ってみたかったんだよね。

とりあえず、「全米」がを使えばいいみたいな風潮が10年前くらいにあったから・・・

本題に戻って。

アレックス・ロドリゲスの引退にびっくりした理由はそれだけではない。

一般的な引退というと、シーズン終了までやるものだ。

しかし、アレックス・ロドリゲスの引退の場合は違う。

なんとアレックス・ロドリゲスは今月中に引退するというのだ。

それも、日本時間の8月13日に引退する。

引退の記者会見から5日で引退って、一般の企業でもありえないことだ。

おそらく、球団側がアレックス・ロドリゲスの引退を認めた理由は、方針の転換だろう。

今のヤンキースはチャップマンなど主力選手を次々と放出している。

その一方で、有望な若手選手をトレードで入団させている。

お金で上手く行かなくなってきたヤンキースにとっては、お金から育てることへの転換は急務だ。

そのチーム状況もあいまって、アレックス・ロドリゲスの急な引退が行われたのだろう。

今年のアレックス・ロドリゲスは打率2.09と結果を残せていない。

さらに、アレックス・ロドリゲスの年俸は30億円近い。

今の、アレックス・ロドリゲスは給料泥棒と言われても仕方がない状況だ。

ヤンキースサイドからすれば、アレックス・ロドリゲスの引退によって、その分のお金が浮くので若手の有力選手を獲得できるだろう。

去年、ヤンキースのスター選手のデレク・ジーターが引退をしたが、それに続くスター選手アレックス・ロドリゲスの引退になる。

アレックス・ロドリゲスは通算ホームランが700本を打つ前に引退することになりそうだ。

アレックス・ロドリゲスの年齢は、41歳で現役野手最高齢が42歳のイチローなので、イチローがアレックス・ロドリゲスの引退をどう反応するか気になるところだ。

ヤンキースのオーナーはアレックス・ロドリゲスの引退に対して

「我が球団には若くて才能ある選手がたくさん揃っている。アレックスには彼らの成長と成功の手助けをしてほしい。彼の体には血液と共にベースボールで満たされている。すでにクラブハウスでも良き先輩としての役割を果たしてくれている。彼の野球人生における次章は、アレックスとヤンキースの次世代にとって最高のものとなるだろう」

と語った。

アレックス・ロドリゲスは引退後はすこしばかりの休息を取ってから、スペシャルアドバイザー兼インストラクターに就任する。

アレックス・ロドリゲスの引退にかんするネット上の反応はこんな感じ。

大スターAロッドこと、アレックス・ロドリゲスの引退に惜しむ声があがっていますね。

こうなったら、アレックス・ロドリゲスのぶんまでイチローに頑張ってもらうしかないですね!

以下にアレックス・ロドリゲスの引退などに関する記事をまとめています。

興味があるかたは見てみてください!

ジーターが結婚!?

野球関連の記事一覧

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする