「無法状態」を宣言!アブサヤフのテロ行為で。フィリピンドゥテルテ大統領

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンのドゥテルテ大統領が無法状態を宣言しました。

無法状態は3日起きたアブサヤフのテロ行為によって判断されたものです。

9月3日にドゥテルテ大統領お膝元のフィリピン南部ミナンダオ島ダバオで起きた爆弾テロ事件によるもので、このテロ事件によって14人以上の死者と67人以上の死者が出ました。

このダバオでのテロ事件は、イスラム過激派組織アブサヤフが犯行声明を出し、sらにロレンザーナ国防相も「アブサヤフの犯行としか考えられない」とアブサヤフのテロ犯行であることを言及している。

フィリピンのドゥテルテ大統領は、フィリピンのトランプとも異名を持つ。

なんとドゥテルテ大統領は、フィリピン国内の麻薬犯を殺害するように推奨したり、麻薬組織の幹部や麻薬密売人を殺した人に報奨金を出すなどの制度を導入。

それによって、フィリピンの麻薬犯は殺されることを恐れて、なんと57万人もの麻薬犯が出頭したと言われている。

刑務所はパンクしているんだって。

これだけ大胆なことをやってのけるフィリピンドゥテルテ大統領の地元でのダバオでのテロ事件。

明らかにアブサヤフはドゥテルテ大統領喧嘩をうっているわけだが、このアブサヤフのテロ行為に対してドゥテルテ大統領が出したのは、無法状態宣言。

ドゥテルテ大統領は「今回のテロを警察事件として扱う」と明らかにした上で無法状態を宣言した。

無法状態宣言について安全保障顧問は警察にしか認められていない法的な活動を、軍でも行えるよう特権を与えるためものだと話している。

無法状態宣言と聞いて、かなり過激だと感じてしまいますが・・・

アブサヤフのフィリピンダバオでのテロ行為とドゥテルテ大統領が出した無法状態宣言への反応はこんな感じ。


アブサヤフのフィリピンダバオでのテロ行為とドゥテルテ大統領が出した無法状態宣言に様々な声が上がっているね。

もし、この無法状態宣言が上手く行った場合は日本も他人事ではなくて、ドゥテルテ大統領のような強硬派の首相を求めるような声が出てくると思う。

でも、それって一概に悪いとは言えなくて強い薬は強く効くんだよね。

それが、薬が効くいい方向にいくこともあれば、副作用ばかりでることもある。

いずれにしても、アブサヤフへの対抗行為で出した無法状態宣言には注視していたほうがよさそうですね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!