市立船橋対木更津総合!千葉県大会決勝。2016年夏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年夏千葉県大会決勝。

今年の夏の決勝は市立船橋対木更津総合の試合になりました。

市立船橋と木更津総合の試合の速報は以下のリンクにあります。

速報!千葉県大会決勝。木更津総合対市立船橋。

千葉県大会決勝。 木更津総合対市立船橋。 市立船橋対木更津総合の速報をこの記事にあげています。

市立船橋

市立船橋は、2007年以来の甲子園出場を目指す。

市立船橋は今大会は順調に勝ち上がってきた。

市立船橋の今大会の1試合平均の得点が6点、1試合平均の失点が2点。

特に、準々決勝、準決勝は、1失点という安定した守備を見せている。

市立船橋の注目の選手は、2年生投手の渕上泰樹。

渕上泰樹は、準々決勝、準決勝ともに登板している唯一の投手。

渕上泰樹はMAX140キロ以上の速球と120キロ前後のスライダーと110キロのカーブで相手バッターを翻弄する。

市立船橋は投手が課題だっただけに、渕上泰樹というピッチャーが成長したのは、大きい。

渕上泰樹が千葉県大会決勝でどのようなプレーをするのか見てみよう。

木更津総合

木更津総合は春夏連続の甲子園出場を目指す。

千葉県大会決勝で勝利をして甲子園出場を決めると、夏は2013年以来の甲子園出場となる。

木更津総合は千葉県大会決勝にあがってくるまで苦労をした。

木更津総合の1試合平均の得点が4点、1試合平均の失点が2点。

2016年夏で最も決勝進出に苦しんだと言ってもいいだろう。

木更津総合の決勝までの6試合のうち、4試合が1点差ゲーム。

木更津総合は粘り強いチームと言っていいだろう。

木更津総合の注目選手は、エースの早川隆久。

早川隆久は、MAX144キロとのストレートとコントロールが持ち味の左腕。

早川隆久は選抜の甲子園では、3試合をほぼ一人で投げ抜き4失点。

1試合平均の失点が1点ちょっとと早川隆久は見事なまでに好投した。

実力派申し分のない早川隆久だが、心配なのが体力。

今大会も既にかなり投げており、準決勝の千葉経大附5失点の完投勝利。

精神的にも肉体的にもかなりの疲労、痛みが早川隆久を襲っていることだろう。

しかも、木更津総合は日程的に、準決勝、決勝が連戦になる。

疲れている中で、いかに早川隆久が粘れるかが、木更津総合の千葉県大会優勝の大きなポイントになる。

市立船橋への応援

市立船橋への応援はこんな感じ。

木更津総合

まとめ

木更津総合と市立船橋の応援は引き分けですね。

明日の千葉県大会決勝のポイントは、

疲労困憊ながら投げる木更津総合エース早川隆久を市立船橋打線いかに打ち崩すか。

意地と意地のぶつかり合いになりそうだから、木更津総合対市立船橋の千葉県大会決勝は面白そうだね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする