中央大学が予選敗退!駅伝の新時代突入か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駅伝で強さを誇っていた中央大学。

中央大学のまさかなニュースが入ってきた。

それが中央大学予選敗退。

なんとあの中央大学が予選敗退をしてしまったのだ。

中央大学は10月15日、箱根駅伝の予選会である第93回東京箱根間往復大学駅伝競走に出場した。

この予選会で上位10校が箱根駅伝に出場することになる。

87回連続出場をしていた中央大学だったが、なんと10位と44秒差の11位。

まさかの中央大学の予選敗退が決まってしまった。

中央大学の予選敗退は誰しも予想しなかった結果。

小泉純一郎元総理が語った言葉がある。

「人生には三つの坂がある。のぼり坂、くだり坂、そしてまさかである。」

中央大学の予選敗退はこのまさかにあたるだろう。

にしても、伝統ある中央大学の予選敗退は大変残念なことだ。

そんな中央大学予選敗退への反応はこんな感じ。


 



まさかから始まる新時代ってところかな??

いずれにしても、中央大学の予選敗退は波紋を広げそうだ。

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)の予選会が15日、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園にゴールする20キロのコースで行われ、10校が予選を突破した。

これで来年1月2、3日の本大会へ出場する20校が出そろった。中大は11位に終わり、前回まで最多87回の本戦連続出場が途絶えた。

前回大会で優勝した青学大など上位10校が既にシード権を持ち、この日の予選会1位の大東大など10校が出場権を獲得した。本大会では、予選会敗退校の記録上位者を中心に、オープン参加の「関東学生連合チーム」を編成する。

◆本大会出場校

【シード校】

〈1〉青学大〈2〉東洋大〈3〉駒大〈4〉早大〈5〉東海大〈6〉順大〈7〉日体大〈8〉山梨学院大〈9〉中央学院大〈10〉帝京大

※〈〉は第92回大会の総合成績

【予選勝ち上がり】

〈1〉大東大〈2〉明大〈3〉創価大〈4〉法大〈5〉神奈川大〈6〉上武大〈7〉拓大〈8〉国学院大〈9〉国士舘大〈10〉日大

※〈〉は予選会の順位

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする