朴泰桓が途中帰国!「土下座」からの・・・リオオリンピック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朴泰桓がリオオリンピックを途中帰国した。

途中帰国した朴泰桓は北京オリンピックの400メートル自由形の金メダルリスト。

そんなリオオリンピックでメダルを朴泰桓が途中帰国を決めた。

朴泰桓リオオリンピックは、100メートル、200メートル、400メートルの自由形でいずれも予選落ちしているという不甲斐ない結果で、途中帰国について考えていたが、コーチとともに考えた結果、朴泰桓は途中帰国を決めた。

朴泰桓はドーピング違反で選手資格を停止されて、今年の4月に処分が明けたが、韓国の規定により代表に選出されなかった。

朴泰桓リオオリンピックに出るためにスポーツ仲裁裁判所を提訴したり、記者会見で土下座しながら

「国に奉仕できるよう、1度だけチャンスを与えてほしい」

と訴えていた。

それだけに、朴泰桓の途中帰国、不甲斐ない結果は韓国国内でも話題になっている。

朴泰桓の途中帰国に関するネット上の反応はこんな感じ。

たしかに途中帰国した朴泰桓はひどいねー

本来出られないオリンピックに朴泰桓は出たわけだし、朴泰桓が出場したことによって他の選手がリオオリンピックに出場できなくなった。

かなり失礼だよね。

だから、途中帰国した朴泰桓はほんとにひどいと思うよね。

以下のリンクに競泳やリオオリンピックに関する記事をまとめています。

興味がある方は見てみてください!

リオオリンピックの記事まとめ
金メダル候補の記事まとめ
競泳記事まとめ

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする