エルシェハビー選手握手拒否!柔道100キロ超級。政治的理由か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リオオリンピック柔道100キロ超級1回戦。

柔道で珍しい握手拒否が起きた。

握手拒否したのがエルシェハビー選手。

エルシェハビー選手は握手拒否しただけではなく、礼もしませんでした。

礼に始まり、礼で終わる柔道でエルシェハビー選手が行った握手拒否は異例。

エルシェハビー選手が握手拒否したあとは、会場からブーイングが起きた。

オリンピック組織委員会の報道官は

「オリンピックの価値観は壁を作るのではなく、橋を架けることにある」

とコメントした。

エルシェハビー選手の握手拒否の理由を本人は語っていないが、政治的な理由があると言われている。

それは、エルシェハビー選手がエジプト人で、対戦相手はイスラエル人。

エジプト人はイスラエル人に反感が有ると言われている。

エルシェハビー選手の握手拒否に関するネットの反応はこんな感じ。

握手拒否の意見は様々な意見があるようだね。

けっこうアラブ諸国の関係って複雑だからね・・・

リオオリンピック関連記事まとめ
柔道関連記事まとめ

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする