黒木瞳!珍演出に戸惑い!映画「嫌な女」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒木瞳が珍演出に戸惑います。

黒木瞳が珍演出で戸惑ったのが、映画「嫌な女」でのシーンです。

この映画嫌な女で黒木瞳にとって初監督です。

6月25日に映画「嫌な女」の舞台挨拶で黒木瞳は、

「ほんっとうにありがとうございます。感無量です」

と語りました。

黒木瞳監督は映画嫌な女の撮影にかんして

「何度も諦めようと思った。くじけそうにもなった。告白しますと撮影に入ってから帰ろうかなと思ったことも一回あります」

と撮影の苦難を語っていました。

また、映画嫌な女で珍演出で戸惑いが出た部分は、吉田羊が以下のように語りました。

「ナレーション収録のときに、今の音は“ミレミミ”じゃなくて、“ドレドド”でお願いと言われて。わかるような、わからないような感じだった」

黒木瞳監督よくわからない珍演出ですね。

吉田羊が戸惑うのも無理ありません。

黒木瞳監督の珍演出に戸惑いに関するネット上の反応はこんな感じ。

まだ、黒木瞳監督の珍演出の反応はないですね。

いずれにしても、黒木瞳監督作品嫌な女は楽しみですね。

黒木瞳監督の珍演出 皆戸惑う | 2016年6月25日(土) – Yahoo!ニュース

黒木瞳が初監督に挑戦した映画「嫌な女」の舞台挨拶で、出演者が黒木監督の演出について明かす。黒木は観…

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする