北海高校対作新学院高校!予想。展望。甲子園決勝2016

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年夏。

甲子園決勝。

今年の夏も残り1試合になりました。

今年の夏は、横浜高校や履正社高校など優勝候補と言われたチームが次々と敗れ、番狂わせが多い大会でもありました。

そんな中で決勝戦に残ったのが、作新学院高校と北海高校。

北海高校対作新学院高校。

この2校による甲子園決勝戦の予想、展望をご紹介します。

作新学院と北海の戦力を比較すると、個々の能力の作新学院と、堅実でチーム力がある北海の戦いになるでしょう。

北海高校の注目選手は、やはり大西健斗

エースでキャプテン、元4番。

ピッチャーとしてのゲームを作る能力、ゲームを支配する能力は今大会No,1。

作新学院としては、このエース大西健斗を打ち崩すこと。

それが最低条件になります。

北海高校の打線は、粘り強く堅実な打線。

誰がキーマンというわけではなく、日替わりでヒーローが出るのが北海打線。

派手さはないものの、相手投手からすると、脅威でしょう。

気づいたら失点をしている。

それが、北海打線です。

作新学院高校のキーマンは、エースの今井達也と攻撃の主力入江大生

相手のエース大西健斗からなかなかチャンスを作れないでしょう。

よって、少ないチャンスを確実にものにすることが作新学院に求められます。

そこで打線の主軸入江大生が少ないチャンスをものにできるか焦点となるでしょう。

いやらしい北海打線を今井達也が最少失点におさえられるか。

今までにないタイプなのが北海打線で、さらに連投の疲れもあるので、難しいピッチングを強いられるでしょう。

北海対作新学院の予想は、4対2で北海の勝利と予想します。

投手戦では、北海が有利、打撃戦になれば作新学院が有利となるでしょう。

甲子園決勝楽しみですね。

作新学院高校野球部記事まとめ

北海高校野球部記事まとめ

今井達也!作新学院「イケメン」エースピッチャー。MAX152キロ

入江大生!作新学院4番バッター「3試合連続ホームラン」を打つ強打

北海高校エース「大西健斗」イケメンで大人気?どこが凄いの??

高校野球2016年記事まとめ
甲子園2016イケメン選手まとめ

以下のfacebookページにイケメン選手やプロ注目選手などの情報をあげています。

情報を得たい人はいいねをよろしくお願いします!

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする