法村珠里「法村友井バレエ団」のプリマドンナ!人生が変わる1分間の深イイ話にも出演

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法村珠里はご存じですか??

法村珠里は、「法村友井バレエ団」のプリマドンナ。

法村珠里の家族は、全員バレエ団でまさに法村珠里はまさにバレエをするために生まれてきたと言っても過言ではないような環境で育ちます。

そんな、法村珠里ですが、法村珠里は「人生が変わる1分間の深イイ話」に出演するみたいですね。

これから有名になりそうなので。

法村珠里や法村友井バレエ団についてご紹介します。

法村友井バレエ団とは??

まずは法村珠里が所属する法村友井バレエ団についてご紹介します。

法村友井バレエ団は1937年に大阪に誕生した老舗バレエ団。

法村友井バレエ団はバレエ団の中でも、名門中の名門と言われています。

法村珠里とは??

法村珠里は、法村友井バレエ団のプリマを務める凄い人。

法村珠里は日本を代表する元ダンスール・ノーブルの法村牧緒。

法村珠里の母はプリマ・バレリーナの座に君臨した宮本東代子。

兄法村圭緒もダンサーとして有名で、相当優秀な血を引き継いでいるのが法村珠里だ。

法村珠里は、バレエ一家に生まれ3歳でバレエを始めます。

法村珠里の凄いところは、3歳でバレエを始めて3歳で初舞台。

しかも『親指姫』の主役だというのだ。

法村珠里は当時について以下のように語っています。

「親の重圧が厳しいときもありました。家に帰ってもバレエ。学校に行っても発表会の前など落ち着かない。お友だちと遊べないときも多かった。辞めようと思ったことは何回もあります。 (父親が団長であるという)プレッシャーもありました」

引用:

法村珠里インタビュー ~バレエの「血」が脈打つプリマ、挑戦のとき~

父は団長で我が国を代表するダンスール・ノーブルであった法村牧緒。母は長きにわたりバレエ団のプリマ・バレリーナの座に君臨し旧ソ連や欧州でも踊った宮本東代子。兄はノーブル・ダンサーとして著名な法村圭緒。バレエ一家に生まれ育ったサラブレッドだ。 …

やっぱり、これだけ凄いとプレッシャーを感じてしまうんですね。

モスクワにバレエ留学

法村珠里はモスクワにバレエ留学をします。

この時に法村珠里はバレエ漬けの生活を行いますが、このときに転機が訪れんたんだそう。

「向こうに行くと皆バレエが好きだし、右を見ても左を見てもバレエしかない。そういう環境で学べたのは大きかった。バレエに向いているのかな?と自信がなかった時期もありましたがモスクワに行って迷いが無くなりました」

引用:http://balletnavi.jp/article/pickup/20130918-2235/

考える暇もないほどバレエに打ち込む。

これって実生活でも大事だよね。

人って考える時間があるとどうしても余計なことを考えてしまう生き物。

それに、考える暇もないほどバレエに打ち込めば、身体が動きを覚えてくれる。

そういった意味でも、法村珠里にとってモスクワ留学は大きかったんだろうね。

人生が変わる1分間の深イイ話に出演

法村珠里が8月1日放送の人生が変わる1分間の深イイ話に出演します。

人生が変わる1分間の深イイ話に法村珠里がでるとわかったのが、人生が変わる1分間の深イイ話の番組表。

人生が変わる1分間の深イイ話の番組表には、

「来年で創立80年の名門バレエ団「法村友井バレエ団」のプリマドンナ・法村珠里に密着。
とにかくスパルタで知られるバレエ団。父・牧緒さんが団長で、お母様、お兄様、兄嫁と家族全員がプロのバレリーナというバレエ一家のお嬢様でした。スタッフが自宅を訪ねると、大阪の一等地に8階建てのビルが!
バレエの名門一家に生まれた珠里さんにとって家族の存在が特別な意味を持っていました。名門に生まれた彼女にとって家族とは・・・?」

と書いてある。

あとは、法村珠里のtwitterにも人生が変わる1分間の深イイ話に出演するって書いてありますね。

どうやら、法村珠里が人生が変わる1分間の深イイ話に出演するみたいですね。

法村珠里に興味が出た方は、8月1日放送の人生が変わる1分間の深イイ話を見てみてください。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする