ランダウンプレーで不可解判定!なんで??明徳義塾対境(動画あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の明徳義塾対境で不可解な判定がありました。

ランダウンプレーの不可解判定の動画です。

ランナーが同じベースを踏んでいる。

同じベースを2人が同時に踏んでいると、前の(ホームに近い)ランナーが優先される。

後ろのランナーはベースを踏んでいない状態。

2人にタッチしても、前の3塁ランナーはセーフで、後ろの2塁ランナーはアウトになる。

動画に沿って説明すると、

①後ろのセカンドランナーにタッチ。

スクリーンショット 2016-08-13 17.00.15

この時点でセカンドランナーはアウト。

②前の3塁ランナーにタッチする。

スクリーンショット 2016-08-13 17.03.25

前の3塁ランナーが優先されるので、セーフ。

また、既にセカンドランナーがアウトなので、考えなくてもいい。

③ベースから離れたランナーにタッチ。

スクリーンショット 2016-08-13 17.06.04

ベースから離れているので、アウト(通常の場合は)

④が、しかし・・・

スクリーンショット 2016-08-13 17.07.21

通常はアウトなのが、審判がタッチを見ていない、もしくは間違えたため、タッチしていないと判断。

誤審のため、ランナーのホームインが認めれて明徳義塾の得点となった。

2016年甲子園まとめ
甲子園2016イケメン選手まとめ

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする