岩田慎司、雄太が引退へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ブロガーののとやです。

中日ファンには残念なニュースが入ってきました。

それが岩田慎司と雄太の引退。

そう。

岩田慎司と雄太の引退。

岩田慎司と雄太は9月23日に引退記者会見を行いました。

引退記者会見で岩田慎司は

「この度、ドラゴンズの雄太は引退を決め、皆様に報告させていただきます。
ドラゴンズ一筋でやってきて、いろいろな人に携わり、最後はこの球団で終わろうと決めていました、ドラゴンズのユニホームで終われたので本当に幸せだと思います。
一番の思い出は、2011年のクライマックスで優勝が決まるか決まらないかの瀬戸際で一生懸命投げられたことが一番の試合だと思います。優勝の瞬間を味わえる人もいれば、味わえない人もいる、その瞬間に自分が加われたことが本当に幸せです。
球団記録の開幕11連勝は自分でも信じられない、自分一人の力では獲得できない記録ですし、応援してくださった方々、一緒に戦った皆様のおかげでできた記録だと思うので、皆様に感謝したいです。
自分の力を発揮しなきゃという思いでプロの世界に入りましたが、結果が出ず苦しいことがほとんどでした、でもその中で一つの小さな喜びが何倍にもなって感じられ、その小さな喜びが大きな存在でした。結果が出たら違うプレッシャーを感じるようにもなりましたし、そこを越えなきゃいけないのですが、そこを乗り越えることができなかった自分がいたので、本当に苦しかったです。
全然有名ではない川井進から雄太に変わったりといろいろありましたが、その中でたくさんの応援をいただいて、本当にありがとうございましたと皆さんに言いたいと思います。また支えてくれた妻や自分と一緒に戦ってくださった方々に感謝をして、ありがとうございましたと頭を下げたいと思います」

引用:中日ドラゴンズ公式HP

と中日ドラゴンズへの感謝と悔しい気持ちを語っていました。

雄太も引退記者会見を行い、雄太は

「この度、ドラゴンズの雄太は引退を決め、皆様に報告させていただきます。
ドラゴンズ一筋でやってきて、いろいろな人に携わり、最後はこの球団で終わろうと決めていました、ドラゴンズのユニホームで終われたので本当に幸せだと思います。
一番の思い出は、2011年のクライマックスで優勝が決まるか決まらないかの瀬戸際で一生懸命投げられたことが一番の試合だと思います。優勝の瞬間を味わえる人もいれば、味わえない人もいる、その瞬間に自分が加われたことが本当に幸せです。
球団記録の開幕11連勝は自分でも信じられない、自分一人の力では獲得できない記録ですし、応援してくださった方々、一緒に戦った皆様のおかげでできた記録だと思うので、皆様に感謝したいです。
自分の力を発揮しなきゃという思いでプロの世界に入りましたが、結果が出ず苦しいことがほとんどでした、でもその中で一つの小さな喜びが何倍にもなって感じられ、その小さな喜びが大きな存在でした。結果が出たら違うプレッシャーを感じるようにもなりましたし、そこを越えなきゃいけないのですが、そこを乗り越えることができなかった自分がいたので、本当に苦しかったです。
全然有名ではない川井進から雄太に変わったりといろいろありましたが、その中でたくさんの応援をいただいて、本当にありがとうございましたと皆さんに言いたいと思います。また支えてくれた妻や自分と一緒に戦ってくださった方々に感謝をして、ありがとうございましたと頭を下げたいと思います」

引用:中日ドラゴンズ公式HP

と感謝の気持ちを語りました。

岩田慎司は、2008年にドラフト5位で入団中日ドラゴンズへ入団。

岩田慎司は目立った他活躍を出来たわけではないが、それでも通算219イニングを投げて9勝15敗防御率3.73と活躍した。

雄太は2004年ドラフト4位で中日ドラゴンズを入団する。

途中登録名を変更をした2009年には先発ローテーションの一角として開幕11連勝をするなど大活躍した。

雄太は毎年10試合程度登板していたが、投手王国の中日ドラゴンズで2009年以外に目立った活躍を見せることができなかった。

中日ドラゴンズで1軍でも活躍していた岩田慎司と雄太のいんたいは残念ですね。

そんな岩田慎司と雄太の引退への反応はこんな感じ。

岩田慎司と雄太の引退に惜しむ声が上がっていますね。

岩田慎司さん、雄太さん長い間お疲れ様でした。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする