横浜対慶應義塾。神奈川県大会決勝。2016年夏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県大会決勝。

横浜高校対慶應義塾高校の試合となりました。

横浜高校対慶應義塾高校の速報は以下のリンクにあげています。

速報!神奈川県大会決勝。横浜高校対慶應義塾高校

2016年夏。 このページでは、神奈川県大会決勝の速報をあげています。 今年の神奈川県大会決勝は、横浜高校対慶應義塾高校。 横浜高校対慶應義塾高校の速報です。

横浜高校が甲子園出場を決めました。

横浜高校が甲子園出場!慶應義塾高校を破り2016年夏

横浜高校と慶應義塾高校の決勝戦は地方大会最後の試合。

さらに、神奈川県大会は最激戦地区と言われている激戦区。

それだけに、横浜高校対慶應義塾高校の注目を集めています。

私は、トレンドキーワードを常に追っていますが、横浜高校や慶應義塾、神奈川県大会など高校野球の神奈川県大会に関する情報(準決勝以降)が常にトレンドキーワード入りをしました。

地方大会がここまでトレンドキーワード入りするのはおそらく高校野球の神奈川県大会が最初で最後でしょう。

そんな注目を集めている横浜高校対慶應義塾高校。

横浜高校と慶應義塾はどちらが甲子園にいくのでしょうか??

横浜高校と慶應義塾についてご紹介します。

まずは、横浜高校から。

横浜高校

横浜高校。

横浜高校は松坂大輔を擁して甲子園を春夏連覇するなど、全国的でもトップクラスの人気と知名度を誇る高校です。

横浜高校に対してとにかく強いとイメージを持つ人も多いでしょう。

今年の横浜高校も相変わらず強さを見せてきました。

横浜高校の1試合平均10点。

2016年夏の決勝進出チームで準決勝までの1試合平均得点は最多です。

横浜高校の1試合平均の失点が1点とこちらは最小タイ。

横浜高校は今大会でも、とにかく強さを見せてきました。

ここまで横浜高校は強いと言ってきましたが、実は夏の甲子園は2013年に出たいらい。

最近は東海大相模が全国優勝するなど、横浜高校は苦戦を強いられていました。

そんな中、東海大相模が敗れたので横浜高校の甲子園出場チャンスが広がったと見ていいでしょう。

横浜高校の今大会の注目選手は、藤平尚真。

藤平尚真は最速152キロ右腕。

藤平尚真は打撃もよく、7/29に2打席連続ホームランを放つなど、藤平尚真は打者としても注目を集めています。

横浜高校の藤平尚真は今回のドラフト1位候補にあげられています。

慶應義塾高校

慶應義塾高校。

実は慶應義塾も毎年かなり強い。

だが、神奈川県大会は最激戦地区で横浜高校や東海大相模がいるために、なかなか甲子園出場にいたっていない。

慶應義塾は、甲子園に出れば勝ち上がれるくらいの力は充分あるのだが・・・

慶應義塾に野球推薦で入るには、全国大会ベスト8以上が条件だという噂がある。

これが嘘だとしても慶應義塾野球部には、全国でもトップクラスな球児が入っていきている。

そんな慶應義塾高校野球部は、夏は2008年以来の甲子園出場を目指す。

慶應義塾は、横浜高校同様強さを見せた。

特に前回大会甲子園優勝をしている東海大相模をコールド勝ちしたゲームは全国を騒がせた。

この神奈川県大会では慶應義塾も強さを見せている。

今大会の慶應義塾の1試合平均得点は10点と横浜高校と打撃では同じような結果を残している。

1試合平均の失点は、2点で守備の面では慶應義塾より横浜高校のほうが上と言えるだろう。

慶應義塾の注目選手は、2年生で4番の正木智也。

慶應義塾高校の正木智也は2年生ながら既に高校通算本塁打が19本。

さらに正木智也は準々決勝の東海大相模戦で2本のホームランを打ち、実力もさることながら勢いにも乗っている。

神奈川県大会の決勝は、横浜高校対慶應義塾高校の超強豪同士の戦い。

楽しみですね。

ここで、横浜高校と慶應義塾高校への応援を見ていきましょう。

まずは横浜高校から

横浜高校への応援

横浜高校への応援はこんな感じ。

慶應義塾高校への応援

次は慶應義塾高校への応援。

まとめ

慶應義塾高校と横浜高校への応援は、引き分けってところでしょうか。

最後の地方予選、慶應義塾高校対横浜高校の試合は楽しみですね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする