高須克弥の病名!感染性肝嚢胞「高須クリニック院長」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高須クリニックの院長高須克弥さん。

高須克弥さんは病気で入院生活を余儀なくされていました。

病気の中でも元気な高須克弥さん。

鰻茶漬け。

入院しているのに美味しそう。

高須克弥さんの病名は、感染性肝嚢胞とのこと。

感染性肝嚢胞とはどんな病気なのでしょうか??

感染性肝嚢胞ってなあに??

高須克弥さんが感染した肝嚢胞。

肝嚢胞は肝臓の中に液体のたまった袋が出来る病気のこと。

肝嚢胞の多くは無症状ですが、腹部鈍痛、胃部の不快感、吐き気を催すらしい。

胞内に感染が起これば、発熱、腹痛などの症状を起こる。

だから高須克弥さんは高熱になってしまったんですね。

感染性肝嚢胞の治療方法は、

「通常の場合、嚢胞を超音波で観察しながら、経皮的に細い針を穿刺(せんし)し、内容液を排液します。その後、嚢胞壁の細胞をアルコールやミノサイクリン(ミノマイシン)で死滅させることで治療できます。」
引用:gooヘルスケア

ようするに、液体の溜まった袋を細い針で穴を開けて、その駅をアルコールなどで消毒させるのが、感染性肝嚢胞の治療方法ですね。

これを見る限りは高須克弥さんした手術はそんなに難しくはなさそう。

高須克弥さんの現在

高須克弥さんの現在は、「かっちゃん奇蹟の回復」というブログに書いてありましが、感染性肝嚢胞よくなったみたい。

感染性肝嚢胞の手術では、200ccのうみがとれたみたいですね。

そして、感染性肝嚢胞がかなり大きくなっている状態で仕事ができていてびっくりされた高須克弥さん。

さすが高須克弥さん。

タフですね!!

高須克弥さんの感染性肝嚢胞がよくなったみたいでよかったです!

高須クリニック「高須院長」の本「高須帝国の逆襲」絶版で超話題に!

高須クリニックの院長、高須克弥が出した本「高須帝国」の逆襲が話題になっています。 実はこの「高須帝国の逆襲」が出版元の小学館より「不適切な表現があった」として回収し絶版になっています。 これは、小学館の書き直しの要請に高須院長が拒否したために、絶版になってしまいました。 それによって、高須帝国が有名になったのもあり、高須院長の本が話題になっています。     …

こちらは、高須克弥さんが出して話題となった本です。

興味がある方は見ていってください!

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする