おすすめの記事作成代行!外注する際の注意点と選ぶポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自社のコンテンツを充実させたい、SEO対策をしっかりしたコンテンツとして、集客力を確実なものにしたい。

しかし、実際に書いてみようとしたら意外に記事を書くのには時間がかかる、時間が取れても細かい箇所のチェックまでできない、
さらには、きちんとしたSEO対策の知識などは勉強している時間もないし、きちんと対策できた記事を書くことは難しい。

そのように感じている企業やサイトオーナーの方は多いのではないでしょうか。

実は、そのような記事は自分で書くことも可能ですが、他の人に書いてもらうことができるのです。

記事作成代行サービスを使うことで、自分が書くよりも高品質かつSEO対策もしっかりとした記事を得ることができます。

これにより、自分はコンテンツの内容を考えたり、本来業務に注力することができるので効率的に業務を遂行しながら、コンテンツの充実化並びにSEO対策による集客力アップを図ることができます。

ここでは、記事作成代行サービスを選ぶ際に注意すべき、いくつかのポイントをご紹介していきます。

また、それぞれのポイントに対して強みを持つ記事代行サービスについてもいくつか紹介します。

自分の求めるポイントをクリアしている記事代行サービスがきっとあると思いますので、チェックして見てください。

記事作成代行を選ぶ際の注意点

質の高い記事を作成する事を他者に依頼することが出来る「記事作成代行サービス」がある事を紹介しました。

それでは、どのような記事作成代行サービス選ぶのがよいのでしょうか。

ここでは、抑えるべき記事作成代行サービス選択時の注意点について紹介します。

次の3つのポイントを抑える事が重要と考えています。

①SEO対策に強い記事作成代行サービスを選択する
②価格と質が伴った記事作成代行サービスを選択する
③納品するスピードと質が伴っている記事代行サービスを選択する

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

SEO対策に強い記事作成代行サービスを選択する

記事作成代行サービスを選択する時のひとつ目のポイントは「SEO対策に強い」記事作成代行サービスを選択することです。

SEO対策は、一言で言うとGooleなどの検索エンジンでキーワード検索をした際に、上位に表示させることでサイト訪問者を増やすことを目的とした施策を行う事です。

近年、自社サイトの内容を充実させることで見込み客を引きつけて商品やサービスの購入に結びつける「コンテンツマーケティング」を行なっている企業は以前に比べて増えています。

しかし、どれだけ素晴らしい記事やコンテンツを提供していて、その記事から自社の製品・サービスの購入に誘導ができるといった内容であっても、見てもらえなければ製品・サービスを売ることはできません。

自社製品・サービスに関わるキーワードを検索したという見込み客を逃さない為には、検索エンジンで上位に表示させることができなければ、他社にせっかくの見込み客を奪われてしまいます。

SEO対策は非常に多くのテクニックやこつが必要であり、自分で学んで行おうとすると知識を身につけるのに時間がかかるばかりか、対策を行ったと思っていても、結果に結びつかないといったこともあります。

この集客に直結してしまうものの一筋縄では行かないSEO対策を、しっかりとできる記事作成代行サービスを選択するというのが、ひとつ目のポイントです。

なお、記事にSEO対策を施す場合、おのずと記事の質も高まるといった傾向にありますので、SEO対策をしっかりとできる記事作成代行サービスを選択するというのは重要なポイントになるでしょう。

価格と質が伴った記事作成代行サービスを選択する

記事作成代行サービスを選択する2つめのポイントは価格と質が伴ったサービスを選択することです。

SEO対策に強い記事作成代行サービスを選択できることが重要であるとお伝えしましたが、宣伝広告費の予算もあると思いますし、一円でも安く記事を得ることができればそれに越したことはありません。

このような場合、まずはSEO対策は後日としてコンテンツの充実を図るというのもひとつの手だと考えます。

しかし、記事作成代行サービスは安ければ安いほどよいという世界ではなく、安い業社には納品された記事の質が非常に悪い場合も存在し、ひどい場合には内容までたどり着かず、誤字・脱字や日本語として成り立っていない場合も存在します。

このような悪質な記事をそのままサイトで公開した場合のリスクは当然存在し、たとえば重要なポイントが顧客に伝わる前に読むのをやめてしまうだけでなく、誤字・脱字が多い場合にはだらしない企業というイメージがついてしまったりします。

こういった印象を払拭するのは非常に大変な労力が必要となるでしょう。

そのまま掲載しない場合にも、結局チェックをしたり書き直しが必要となったりするとそれだけ労力がかかり、場合によっては自分でコンテンツを作成する以上にコストが必要となる場合もあります。

したがって、安いだけではなく品質も伴った記事作成代行サービスを選択するというのが2つ目のポイントとなります。

納品するスピードと質が伴っている記事代行サービスを選択する

ここまで、まずはSEO対策に強い記事作成代行サービスを選択するのが重要であるが、予算が取れない場合は安くても品質も伴ったサービスを選択することがポイントであると紹介しました。

記事作成代行サービスを選択する際に注意するポイントの3つ目は、納品するスピードと質が伴っている記事作成代行サービスを選択することが3つ目のポイントとなります。

記事代行サービスを使用する場合の一つの理由として、記事をかいている時間がないという理由による場合があると思います。

コンテンツ全体の納期が迫っていて自分で書いている時間がない場合には、納品速度に定評のある記事代行業者に依頼するのもひとつの手です。

短納期で納品できる代わりに料金が上がるということは当然あることです。

この中でも料金が安い場合や、場合によっては料金が上がっているにも関わらず納品された記事の質が悪い場合があります。

スピードが早いけれども品質が悪いというのは、価格が安くて品質が悪いという状況よりも最悪で、書き直しやチェックをしている時間がなく、そのまま掲載せざるを得ないという状況となったり、最悪な場合には全体のプロジェクトの納期に影響してしまいます。

このようなリスクを回避する意味でも、スピードが早い記事代行サービスの中でも品質がしっかりと伴った記事作成代行サービスを選択するというのが3つ目のポイントです。

ここまでまとめると、記事作成代行サービスを選択する際の注意すべきポイントとしては、

①まずはSEO対策がしっかりしているサービスを選択することを考える。
②費用に限りがある場合には、安くても品質が伴っているサービスを選択する。
③急ぐ場合には、スピードが売りのサービスの中でも品質が伴っているサービスを選択する。

といった3点となります。

それでは、これまで見てきたポイントをクリアしている記事作成代行サービスをそれぞれ紹介していきます。

SEO対策に強い記事作成代行サービス

ここでは、SEO対策に強いとされる記事作成代行サービスを3社紹介します。

ハピスキ

ハピスキは、ウェブマーケティングのコンサルティングを中心に行う合同会社が行う記事作成代行サービスです。

わずか5ヶ月で37万PVを達成した代表や、20万PVを達成した実績を持つ編集長がそのノウハウを使用して、徹底的なSEOライティングに特化した記事を納品することに定評があります。

顧客のニーズに合わせて、サイト全体のウェブマーケティングに対する戦略・立案、キーワード選定なども行なってくれるサービスも用意されいます。

記事作成だけでなく、全体的にウェブマーケティングのアドバイスを受けることができるのが大きな特徴です。

ハピスキの記事作成代行はこちら

ビルドアップ

ビルドアップは、SEOに特化したコンサルティング会社が提供する記事作成代行サービスです。

「50のただの記事よりも5つの質の高い記事を」と推奨している通り、高品質かつSEOのノウハウをしっかりと織り込んで納品してくれます。

特徴的なのは、採用率10%未満という厳しい採用基準をクリアしたライターが質の高い記事を執筆し、SEOの知識を持ち合わせた編集者がノウハウを駆使して、SEO対策がしっかりと取れた質の良い記事に編集して納品するというステップが特徴です。

しっかりとSEO対策された高品質の記事をコンテンツ化したい場合におすすめです。

ビルドアップの記事作成代行はこちらから

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは、ウェブ集客コンサルティング業務を行う株式会社フェイスフルが提供する記事作成代行サービスです。

自分の専門外のアフィリエイトサイトを作成したい場合などでも、コンテンツ内容を含めた企画立案を代行してくれるサービスがあります。

女性ライターが数多く在籍しており、女性向けのコンテンツ作成をしたい場合に協力な味方となってくれます。

また、ウェブ集客コンサルティングのノウハウから専門性の高い記事に対応した上で、自然な文章のままSEO対策が施された記事を納品してくれるのがおすすめなポイントです。

【記事作成代行ドットコム】https://writing-daiko.com/service/

価格と質が伴った記事作成代行サービス

ここでは、記事作成代行サービスを選択する際の2つめの注意すべきポイントである、安くても品質がある程度ともなった記事代行サービスを3つ紹介します。

アフィリエイト秘書

アフィリエイト秘書は、安くとにかく量に特化した記事作成代行サービスです。

基本料金としても、1文字1円から依頼することができ、誤字脱字を気にしないバックリンク用記事作成代行サービスでは1文字0.9円といった非常に安い価格で記事代行を依頼することができます。

品質にもこだわりがあり、厳選された80名のライターにより記事の作成が行われます。

まずはウェブサイトを量産するといった場合に有効な「バックリンク用記事」プラン、特定の記事を大量に依頼できる「大量記事」プランなど、とにかく数が必要な場合におすすめです。

安い場合に記事作成代行サービスにありがちな納品したきりといったサービスではなく、問題がある場合には修正対応を行なってもらえます。

【アフィリエイト秘書】https://www.afi-hisyo.com/

記事作成センター

記事作成センターは、基本的な記事作成代行のサービスに加えてコンテンツ限定型の格安サービスがあるのが特徴的な記事作成代行サービスです。

基本的な記事作成は1文字1.5円、格安サービスだと1文字0.9円といった価格で依頼することができます。

たとえば、商標ページ限定であったり、リクエスト記事であったりその時々によって割引設定された格安の商品があるのが特徴的です。

ライターを抱えてのライティングとなるため、作成数や納期などの相談に応じてくれるのも好感があります。

なお、格安サービスでなければ、誤字・脱字のチェックやコピーチェックなどをしっかりと行ってくれるます。

依頼するコンテンツ内容が決まっている場合にサイトをチェックしてみて、合致するものがあれば依頼してみるのも良いでしょう。

【記事作成センター】http://e-writing.net

各種クラウドソーシング

価格を抑えて質の高い記事作製を求めるのであれば、各種クラウドソーシングで発注するのもひとつの手です。

記事単価や記事の質を依頼する側で決められるため、予算の範囲で収めることができます。

リスクとしては求める内容と価格が伴わないと受注してもらえない、あるいは品質の悪い記事が納品されます。

質の悪い記事が納品されたとしても、チェックの上で承認しなければ費用を払う必要はありませんが、チェックはこちら側て行う必要があるのが特徴です。

発注、納品物のチェックなどの手間はかかりますが、ある程度高品質の記事を言い値で発注したい場合には有効な手段でしょう。

なお、非承認とした記事を不正利用するなどが発覚した場合には、二度と発注する事ができなくなります。

【クラウドワークス】https://crowdworks.co.jp
【ランサーズ】https://www.lancers.jp

スピードが売りのサービスの中でも品質が伴っているサービス

それでは最後に、記事作成代行サービスを選ぶ際に注意すべき点の3つめ、納品がスピーディかつ品質が伴う記事作成代行サービスを紹介します。

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、100記事を最短3日で納品してくれるというスピードが売りの記事作成代行サービスです。

本記事執筆時50万人を超える登録ライターにより、専門的な記事でも短納期で作成できる強みがあります。

また、記事の質も独自のツールによりコピペなどがないかを精査しているため、1文字1円という安さで短納期にも関わらず品質も保っているのが特徴です。

申し込みが、サイトのWebフォームにて完結するため、楽に依頼する事ができます。

【Shinobiライティング】https://crowd.biz-samurai.com

ZETTON

ZETTONは、1文字0.7円という価格にもかかわらず、最短翌日納品ができるとにかく急いでいる場合におすすめな記事作成代行サービスです。

1記事から1000記事まで発注する事ができるのと、Excel、Wordといった形式やWebサイトに直接記述するといった多彩な納品形式に対応しているのが特徴です。

担当ディレクターが発注・管理などを行ってくれるので、品質もしっかりと保つことができます。

【ZETTON】http://www.writing-zetton.com/

コンテンツウォーカー

コンテンツウォーカーも、短期納品が可能な記事作成代行サービスです。

短納期での依頼はエクスプレス短期納品プランを利用します。

通常の2割増のプランとなりますが、コンテンツウォーカーは依頼内容や納品形式によってコース設定が変わるのが特徴です。

1文字0.8円という低価格で依頼する事ができる事に加えて、初回割引サービスや各種オプションを利用する事で、さらにお得に利用することができます。

修正無制限やアフターサービス、SEO対策などもある記事作成サポートサービスなど、品質を確保した上でスピード納品ができるサービスです。

【コンテンツウォーカー】https://contents-walker.com

まとめ

記事作成代行サービスを選ぶ際には、SEO対策に強いサービスを念頭に置いて、価格に制約かある場合、時間に制約がある場合には、その中でも品質を確保できる記事作成代行サービスを選択するのがおすすめてす。

今回、それぞれに該当するサービスを紹介しましたが、記事作成代行サービスはそれぞれの強みがあります。

状況や条件似合う中で、品質の良い記事を納品出来るかを念頭に最適なサービスを検討してみてください。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする