黒沢健一が脳腫瘍!大丈夫なの??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ブロガーののとやです。

ミュージシャンの黒沢健一にかんする残念なニュースが入ってきました。

それが脳腫瘍。

そう。

黒沢健一は脳腫瘍の病気になっていたのです。

黒沢健一は10月3日自身のホームページで脳腫瘍であると告白しました。

黒沢健一が告白した脳腫瘍の内容は以下にあります。

皆様、ご無沙汰してます。前回のライブがBillboad Live Tokyoでしたからまもなく1年経とうとしています。その間、HPにも殆ど近況をアップしていませんでした。申し訳ない。

今回は皆様にお知らせと言うか、ご報告が有ります。突然の報告で驚かれると思いますが、実は現在病気療養中で入退院を繰り返しています。病名は「脳腫瘍」です。ちょうど1年前、Billboad Liveでのコンサートのリハーサルをしている最中にめまいを覚え、病院で検査して発覚しました。その後先程書いた通り、入退院を繰り返し、良くなったり悪くなったり一進一退が続いています。

当初はライブ会場で「こんな病気だった」と過去形でお話しできるよう治療に専念してきましたが、病気が発覚してあっという間に1年が経ってしまうこともあり、皆様にお知らせすることで、不安や心配をかけてしまうことを心苦しく思うと同時に、お知らせしないこともまた逆に無用な憶測を呼びかねない事を考え、今、皆様に報告することを決めました。

今後は時間の許す限り、ちょこちょこと近況をアップできればなと思っています。まぁ筆無精の僕ですので、どれほどアップ出来るかわかりませんので、あまり期待されても困りますが。

今は今月のリンゴスターの来日を楽しみに治療を続けています。それでは皆様もお身体を大切に。ではまた。

2016年10月3日 黒沢健一

引用:黒沢健一オフィシャルサイト

よくなったり、悪くなったり一進一退。

黒沢健一の脳腫瘍が気になってしまうね。

脳腫瘍は毎年1万人に1人の確率で脳腫瘍になってしまうんだって。

脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、脳の疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管や末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100,000人に12人の割合であるとされている。具体的な発生要因は明らかではない。
引用:wikipedia

黒沢健一の脳腫瘍はほんとうに大丈夫なのだろうか??

そんな黒沢健一脳腫瘍への反応はこんな感じ。

果たして黒沢健一の元気な姿を再び見ることはできるのでしょうか??

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする