小林まさひろが死去!大腸がんが死因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林まさひろが大腸がんで死去しました。

小林まさひろが死去したのは、22日の朝。

小林まさひろが大腸がんと宣告れたのが、14年1月。

62歳の若さで死去した小林まさひろ。

小林まさひろの生き方について振り返ってみたいと思います。

小林まさひろとは??

死去した小林まさひろはお笑い芸人。

小林まさひろは1953年生まれで、横浜市鶴見区出身。

1972年にぎんざNOW!で小林まさひろは芸能界デビューを果たした。

お笑い芸人や俳優として活躍した小林まさひろだが、結婚後にふぐの調理師免許を取得して芸能界を引退した。

その後、小林まさひろは様々な活動をしていたが、22日の朝に小林まさひろが死去した。

小林まさひろが死去したのは62歳の若さだった。

小林まさひろ死去に関するネット上の反応

小林まさひろ死去に関するネット上の反応はこんな感じ。

小林まさひろさんの死去に関して様々な反応がありますね、

大腸がんで死去した小林まさひろさん。

小林まさひろさんのご冥福をお祈りします。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする