ソフトバンク「松田宣浩」の名言集!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクホークス所属の松田宣浩の名言集

そんなんはまったくないですね。

「何番打ちたい」っていうのは若いときの話で、それこそ3、4年目くらいまでは一番とかクリーンアップとかって言っていましたけど、今はどんな打順だっていいです。

とにかく試合に出続けるために結果を出し続けることが大切。

六番であってもホームランをどんどん打っていいわけですし。

そのくらいに打順への意識は変わってきましたね。

松田宣浩

出典:週刊ベースボールONLINE

強力打線でなかなか4番になれない松田宣浩。

それでも、チームのために結果を残す。

大事な心がけですね。

誰よりも熱く。#PushTheGame #UABaseball #松田宣浩

Under Armour(アンダーアーマー)さん(@underarmourjp)が投稿した写真 –

こればかりは僕がプロ野球で生きていくために必要な手段として持っているものの一つだと思うし、年数を重ねるごとに元気が出てきたとも思うんですよ。

それは自信がついてきたから。

元気は若い人が出すものと周りの人は見ているかもしれませんが、一軍で結果を出して自信のついた人の方が元気を出してプレーできると思いますね。

結果が出ていない若い選手に「若いから声出せ」って要求するのはちょっときつい、かわいそうですよね。

そういう段階では自分のプレーに集中して結果を出すのが第一です。

それができるようになるまではまだまだ、僕たちがやらないとね。

実際、僕が若いときは小久保(裕紀)さんなどが発する言葉はものすごく影響が大きかったんです。

1、2年目の僕は「ただ声がでかいだけやなあ」って。

出典:週刊ベースボールONLINE

松田宣浩

元気で声をだす松田宣浩。

それは自信がついたからこそ、より元気になれる。

自信って大事ですね。

そうです。

守備を評価している、サードならセカンド、ショートもできる。

パズルのように、どのポジションでも埋めていくのがメジャーの野球だと、言われました。

でも冷静に考えると、プロでセカンドは守ったことがありません。ショートならセカンドはできるんです。

僕もファーストならできるでしょう。

でもセカンドを、ましてメジャーでやるとなると気をつかうしバッティングにも影響が出ます。

メジャーで成功した自分と、失敗した自分を常に考えていました。

何が何でもメジャーなんだ!という気持ちではありませんでしたから、それも迷った理由のひとつになりました。

松田宣浩

出典:THE PAGE

メジャー移籍の噂があった松田宣浩。

慣れないポジションを避けたい思いが、メジャー移籍を断念した理由だったんですね。

photo by here

福岡ソフトバンクホークス グッズ 松田宣浩 Tシャツ ビジター マジェスティック/Majestic (背番号)

価格:3,500円
(2016/5/26 13:01時点)
感想(0件)

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする