松雪泰子が山口百恵引退作品「古都」一人二役を演じる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松雪泰子が山口百恵引退作品「古都」を一人二役で演じます。

古都は川端康成原作で生き別れてしまった双子の姉妹の物語。

映画化は今回で3回目で、80年の古都は山口百恵の引退作品として話題になった。

その古都を松雪泰子が一人二役で演じます。

今回、松雪泰子が演じる一人二役の姉妹は子どもではなく、大人の姉妹。

松雪泰子は古都の撮影のために、1ヶ月間着付けや茶道、京言葉などをみっちり稽古。

山口百恵の引退作品ということもあってか、気合が入っています。

また、今回の松雪泰子が演じる古都では京都府と京都市が初めて映画を後援し、昨年11月に京都で撮影した。

茶道の裏千家今日庵から国宝級の道具を借りて、劇中で着用した帯や着物は2000万円を超えをするなど「本物」を追求した。

これだけの気合いの入れようなので、山口百恵の引退作品の古都はヒットしそうですね。

松雪泰子が演じる古都は、12月3日から全国で公開される。

山口百恵の引退作品古都を松雪泰子が一人二役で演じることに関するネット上の反応はこんな感じ。

山口百恵の引退作品を松雪泰子が演じることにたいして様々意見があがっていますね。

古都のヒットをお祈りしています。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする