感動!「西之島」にやっと「海鳥」が戻ってきた!噴火から2年半。営巣・抱卵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西之島の噴火から2年半。

小笠原諸島の西之島。

そこに今までいなくなっていた海鳥のカツオドリの姿が確認されました。

そこには、営巣・抱卵の姿も。

噴火した西之島に海鳥が見られるのは嬉しいですね(^^)

西之島で海鳥が営巣・抱卵に関するネット上の反応はこんな感じ。

ほんとに海鳥たちはたくましいですね!

西之島で海鳥がたくさん見られるようになることを祈っています。

噴火から2年半、西之島で海鳥営巣…抱卵の姿も

2013年11月に噴火が確認されてから2年半がたった小笠原諸島の西之島(東京都小笠原村)で、海鳥のカツオドリが営巣・抱卵していることが分かった。  5月下旬に周辺を航行した貨客船「おがさわら丸」に本紙記者が乗り、1キロ以上離れた島を超望遠レンズで撮影。鳥が卵を温めている様子が写っているのを、専門家が確認した。 …

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする