大橋グレース愛喜恵!「多発性硬化症」で苦しむ元オリンピック候補

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大橋グレース愛喜恵をご存知ですか??

大橋グレース愛喜恵は日本人とアメリカ人のハーフの女性。

アメリカ柔道代表候補選手で、大橋グレース愛喜恵はオリンピック選手を目指して、日々練習に励んでいました。

(柔道始める前には、バスケットボールジュニアの代表だったらしい)

IMG_0245

高校卒業直前だったある日、朝起きると突然目が見えなくなってしまったのだ・・・

この時は視神経炎による視覚障害と診断され、それ以外の症状はなかった。

大橋グレース愛喜恵は当時のことを振り返り、以下のように語る。

「怖くてたまらなかった。寝る前まで見えていたものが、突然何も見えなくなっていて、助けを呼ぼうにも携帯電話が使えないし、部屋から出るにも部屋の出口もわからない。もうパニクるしかなかった。強烈に覚えています」

引用:http://www.sankei.com/west/news/130707/wst1307070044-n1.html

突然目が見えなくなるのは恐怖でしかないですよね・・・

その後、体に異変が起き始め、大橋グレース愛喜恵はある病名を診断されます。

その病は、「多発性硬化症」

多発性硬化症は脳や脊髄にさまざまな異常が起こる病気。

想像しただけでも相当つらそうな病気ですが・・

診断された当時のことを以下のように大橋グレース愛喜恵は語っています。

「柔道できなくなった自分に何が残るんだろうって。歩けないとか動けないとかよりも、柔道ができないことが一番自分にとってショックで、今でもね、オリンピック、パラリンピックのシーズンになったら、こんなんやったら自分でも勝てるわとか、思ってしまったりとか。今でもプライドが残ってるぐらいだけど、当時もっと高かったプライドが粉々にされたみたいな。なんか歩けないのがどうでもいいと思うぐらい柔道が大事でしたね。

引用:http://www.nhk.or.jp/baribara/genre/original/genre7_2.html

現在は両手、両足に重度の麻痺。

また、呼吸器をつけていなければならない状態。

そんな多発性硬化症の大橋グレース愛喜恵が憧れているのが、森三中大島。

大橋グレース愛喜恵が森三中の大島を憧れる理由について以下のように語っています。

「私森三中の大島さんがめっちゃ好きなんですよ。イッテQのあの体のはりかた。やっぱり色んな洗礼を受けて笑いに変えているのが凄い。」

あれだけ、ストイックに体をはる森三中の大島って凄いですよね。

24時間テレビの企画で森三中大島と大橋グレース愛喜恵が出会うことになります。

そんな森三中大島と大橋グレース愛喜恵ですが・・・

大橋グレース愛喜恵と森三中の大島、手越がなぜか「イッテQ」の名物企画に挑むみたい。

IMG_0269

24時間テレビに大橋グレース愛喜恵が出演しましたが。

今想定外の理由で大橋グレース愛喜恵が話題になっています。

気になる人は以下のリンクにある記事を見てみてください!

大橋グレース愛喜恵!バリバラ、24時間テレビの出演で想定以上の反響・・・

町田莉菜ちゃん!行方不明の反応。「神隠し」説も・・・

岡部歩乃佳!佐渡海峡横断リレーに挑む片腕の女の子。24時間テレビ

塩川利音くん!24時間テレビにも出演。

24時間テレビ記事まとめ

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする