「ソフトボール」出身大島匠!「プロ初ヒット」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

史上初のソフトボールからプロ野球選手になった大島匠がプロ初ヒットを打ちました。

大島匠は5月31日のヤクルトとの交流戦で9回1アウトの状態で代打で登場。

相手投手石山から高めの直球を叩き、右中間のツーベースヒットを放ちプロ初ヒットを放ちました。

大島匠のプロ初ヒットに関して、監督の栗山は

「苦労して一生懸命やってきて、距離感をつかみながら1軍でいい打球を打てるようになった。大嶋がすごく頑張った証しだと思う。良かったなと思います」

と答え、大島匠のプロ初ヒットを祝福しました。

大島匠のプロ初ヒットに関するネット上の反応はこんな感じ。

大島匠のプロ初ヒットに喜びの声が上がっていますね。

それと、実は2軍で結果を残していた。

これからの課題は、1軍の変化球にいかに対応するか。

これからの大島匠が楽しみですね。

みちさん(@fighty100)が投稿した写真

ハム栗山監督、唯一”収穫”にソフト出身・大嶋のプロ初安打「頑張った証」

大嶋が代打でプロ初安打、敗戦の中で「唯一良かったこと」  日本ハムは5月31日のヤクルトとの交流戦初戦(札幌ドーム)で4-8で大敗。首位・ソフトバンク

【日本ハム】ソフト出身・大嶋、5年目で待望のプロ初安打

歴史的なプロ初安打だ。早大ソフトボール部出身の日本ハム・大嶋は9回1死、大野の代打で登場。右腕・石山の高め直球をとらえる右中間二塁打を放った。プロ5年目、通算6打席で生まれた初めての快音。「思い通りにやれた。僕は他の人【野球】

日本ハム・大嶋がプロ初安打/デイリースポーツ online

野球情報満載デイリースポーツ/日本ハム・大嶋がプロ初安打

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする