櫻井一樹「八戸学院光星高校」エースピッチャー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

櫻井一樹をご存知ですか??

櫻井一樹は八戸学院光星高校のエースピッチャー。

甲子園の常連、坂本勇人など凄い選手を出すような八戸学院光星高校のエースピッチャーって凄いですね。
櫻井一樹
櫻井一樹は、140キロ前後のストレートを中心に組み立てていくピッチャーで、ウィニングショットはスライダー。

キレの良いスライダーは、打者からするとボールが消えてしまうよな感覚。

スライダーが櫻井一樹の魅力。

他にも櫻井一樹の魅力がある。

それは投球術。

120キロ台のストレートと130キロ台後半のストレートを投げ分ける。

これによって相手に的を絞らせないピッチングを可能としている。

この投げ方は、他にも「スタミナを消費しない」というメリットと「変化球」がわかりにくいというメリットがある。

よく、「変化球とストレートの腕の振りが同じ」で打ちにくいというが、櫻井一樹の場合は変化球のほうが腕の振りがいいということがありえるのだ。

120キロ台のストレートを投げることは勇気がいることだし、打たれるリスクもあるが、それをうまく使いこなせれば、相手を幻惑することが可能だ。

全力投球する高校球児のピッチャーを見ていると、終盤に球威やコントロールが落ちているピッチングをよく見る。

気合で投げるのだが、甘い球も多い。

これによって、抑えられているのはたまたま。

強力打線とあったときには、見逃してくれない。

そういった意味でも、抜いた投球が出来る櫻井一樹は終盤にバテるリスクが少ないために、安心してみてられる。

これを高校生でてきるのは櫻井一樹と数えるほどしかいないだろう。

櫻井一樹は、野茂ジャパンにも選出されている。

野茂ジャパンは15歳の中学生を選抜し、メジャーリーグを観戦したり、アメリカの選手とし合いをしたりするもの。

「JUNIOR ALL JAPAN BOY MEETS WORLD」と言われている。

櫻井一樹は、中学生のときから注目を集めていたのがわかる。

櫻井一樹は27回1/3を投げて10失点。

ぱっとしないイメージがあるが、それは櫻井一樹が強豪弘前東戦で8失点してしまったため。

その試合を除けば、18回2失点。

特に決勝の大湊高校戦を9回完封勝利。

見事な投球でチームを甲子園に導びいた。

甲子園では市尼崎と対戦した。

市尼崎戦は、4失点。

延長10回を投げきって、櫻井一樹はチームの勝利に貢献した。

ただ、1つ心配点がある。

それは櫻井一樹の体重増だ。

なんと、櫻井一樹は4キロも太ったというのだ。

これが意図的に太ったというのならわかるが、なにも考えていないで太ったのであれば、心配だ。

野球選手はレベルが高くなればなるほど、体重の変化が体のキレに大きな影響を与える。

まあ、暑い夏を考えると痩せることよりかは全然いいのだが・・・

いずれにしても、櫻井一樹の体重増が与える影響が気掛りである。

次の相手は、東邦高校。

東邦高校のエース藤嶋健人との投げ合いになる。

藤嶋健人「東邦高校エース」2刀流??

櫻井一樹と藤嶋健人の注目の好投手同士の戦い。

どちらが勝つのでしょうか??

有村恒汰!常総学院。イケメンだと話題に!どんな人??
北海高校エース「大西健斗」イケメンで大人気?どこが凄いの??
河野竜生!鳴門高校「イケメン」エースピッチャー。
高校野球2016年記事まとめ
甲子園2016イケメン選手まとめ

以下のfacebookページにイケメン選手やプロ注目選手などの情報をあげています。

情報を得たい人はいいねをよろしくお願いします!

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする