巨人小林誠司が怪我、負傷!左肩甲骨棘下窩骨折で登録抹消。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人小林誠司が左肩甲骨棘下窩骨折を骨折の怪我、負傷で登録抹消となりました。

小林誠司が怪我、故障したのが16日の楽天戦。

小林誠司は16日の楽天戦で左肩にデットボールを受けて、左肩甲骨棘下窩骨折と診断されました。

そもそも小林誠司はどんな選手なのでしょうか??

左肩甲骨棘下窩骨折とはどんな漢字の怪我なのでしょうか??

小林誠司とは??

左肩甲骨棘下窩を骨折した小林誠司は巨人のキャッチャー。

小林誠司は、1989年に生まれます。

小林誠司が最初に始めたのは、野球ではなく水泳。

なんと同じスイミングスクールには、阪神の藤浪晋太郎がいました。

その後、小林誠司は小学校2年生からソフトボールを始める。

高校は広陵高校。

広陵高校で小林誠司は、広島の野村とバッテリーを組み、小林誠司は甲子園準優勝を果たします。

社会人まで進み、2013年小林誠司はドラフト1位で巨人に入団します。

2014年には阿部慎之助という元日本代表の4番がいる巨人で小林誠司はキャッチャーで準レギュラーのポジションを獲得します。

小林誠司の守備力、特に肩には定評があり2014年の日本代表に選出されます。

今シーズンの打撃は1割台と振るわないが、それでも小林誠司の高い守備力が評価されて、既に65試合の出場を果たしています。

そんな小林誠司がデットボールにより左肩甲骨棘下窩骨折で怪我負傷、登録抹消となりました。

小林誠司骨折、怪我、負傷に関するネット上の反応

小林誠司の怪我、負傷、登録抹消に関するネット上の反応はこんな感じ。

小林誠司の骨折による登録抹消に悲鳴が上がっていますね。

怪我からの早い復帰を祈っています。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする