ざわざわ森の「がんこちゃん」脚本末吉暁子さん死去。悲しみの声多数

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ざわざわ森のがんこちゃん。

皆、見たことあるんじゃないかな??

自分もざわざわ森のがんこちゃんを見て育ちました。

ざわざわ森のがんこちゃんを見ているとなんだか心が和んだよね。

そのがんこちゃんシリーズの原作・脚本「末吉暁子」2016年5月28日午前10時30分、肺腺がんによって亡くなりました。

末吉暁子の死にネット上ではたくさんの悲しみの声があがっています。

やっぱりがんこちゃんを脚本した人が亡くなるのは悲しいですよね。

末吉暁子さんのご冥福をお祈りしています。

末吉暁子さん死去=児童文学作家(時事通信) – Yahoo!ニュース

末吉 暁子さん(すえよし・あきこ=児童文学作家)28日午前10時30分、肺腺がんのため東京都内の病院で死去、73歳。  静岡県出身。葬儀は6月2日午後1時から東京都港区赤坂1の14の3の霊南坂教会で。喪主は夫健(けん)氏。  96年から放送中のNHK・Eテレの人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」シリーズの原作・脚本などで知られる。著書に「ママの黄色い子象」「雨ふり花さいた」など。 …

がんこちゃん

photo by here

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする