鈴木裕太!1年生にして148キロ記録。観客どよめく。日本文理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も白熱した甲子園も終了しました。

早くも2年生を主体とした新チームによる甲子園をかけた予選が始まっています。

その予選で早くも来年の甲子園のヒーローになりそうな選手が出てきました。

それが日本文理高校の鈴木裕太です。

日本文理高校の鈴木裕太は新潟県大会の準決勝関根学園戦で登板し観客をどよめかせます。

それが、鈴木裕太のストレートが記録したスピードガンによるもの。

なんと鈴木裕太のストレートが148キロを記録したのです。

鈴木裕太の148キロを投げたストレートの動画は以下にあります。

鈴木裕太

鈴木裕太が投球したボールによって、電光掲示板に148キロが記録されています。

凄いねー

ネット上でも鈴木裕太のストレートの速さにどよめいている模様。

実は、鈴木裕太はまだ1年生

148キロだけでも凄いのに、1年生だって。

大谷翔平を超えるかもしれないね。

そんな鈴木裕太ですが、中学生の時から騒がれていました。

中学生にも関わらず、テレビの取材が・・・

この動画では137キロと書いてあるけど、この後鈴木裕太はさらに成長。

なんと中学生にして、142キロをマークします。

鈴木裕太(182cm86kg)は中学3年生の夏にシニア全国大会歴代最速記録となる142㌔をマークした本格派右腕。
カーブ、スライダー、スプリットなど、変化球が多彩で制球も良く、甲子園優勝投手に相応しいスペックの持ち主だ。

引用:http://kokoyakyumatomesokuho.blog.jp/archives/59601864.html

中学3年で142キロ、高校1年で148キロ。

順調に成長している鈴木裕太。

僕が鈴木裕太に期待しているのは、大谷翔平超え。

大谷翔平は岩手県大会で160キロを記録している。

この大谷翔平を超えること、日本を代表する投手になること。

鈴木裕太はまだ1年生なので、2回の厳しい冬、成長する冬が待っている。

まだまだ、ストレートのスピードが伸びていくことでしょう。

今後の鈴木裕太に注目ですね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする