鈴木尚広が現役引退表明!ファン悲鳴・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ブロガーののとやです。

巨人の走塁のスペシャリスト鈴木尚広。

鈴木尚広に関する残念なニュースが入ってきました。。

それが現役引退。

そう。

鈴木尚広が現役引退するのです。

鈴木尚広が現役引退を決意したのが、10月12日。

スポーツ報知などが鈴木尚広の現役引退を報道している。

鈴木尚広の現役引退についてスポーツ報知が以下のように報道した。

巨人・鈴木尚広外野手(38)が、今季限りでの現役引退を決意したことが12日、分かった。

「今年1年、自分の引き際を考えるようになった。もちろん、試合が始まれば頭にはないけど、それ以外では引退の2文字が頭に出てくるようになった。そういう気持ちではプロとしてはダメだと思った」

結果的には、10日のDeNAとのCS第1S(東京D)の第3戦、同点の9回無死一塁で代走で出場し、けん制死したのが最後のプレーとなった。

「このプレーで、というのはないし、いつ決断した、というわけではない。技術、体力は衰えているとは思わないけど、心の部分で引っかかるようになった。続けるのは簡単だった。辞める、という決断が一番、難しかった」

引用:【巨人】尚広引退!「生半可な気持ちでは続けられない」悩み抜いた胸の内独占激白。スポーツ報知

高いプロ意識で戦っていた鈴木尚広。

鈴木尚広らしい現役引退理由と言えるだろう。

鈴木尚広は常に巨人ファンの期待に答えてきた。

終盤のここぞという場面で代走として出場して、警戒がキツイ中で必ず相手の癖を盗み出して盗塁を決めていた。

これはものすごい難しいことだし、なによりプレッシャーが尋常ではないくらい鈴木尚広にかかっていただろう。

それでも、逃げずにトライし続けて代走として活躍してきた。

巨人の強さを影で支えてきたのが鈴木尚広だ。

鈴木尚広の凄さは数字でも表れていて盗塁成功率は、歴代1位。

今の時代は、ピッチャーのレベルがどんどん上達し、走られないように工夫をしている中でのこの数字は、次元が違う選手と言える。

そんな鈴木尚広の現役引退。

鈴木尚広の現役引退にショックを受ける人が多数。

鈴木尚広の現役引退に惜しむ声が上がっている。

特に鈴木尚広を好きな人は、野球を本当に好きな人、知っている人が多くショックの度合いが大きいんだろうね。

プロ意識を持ってプレイを続けた20年間。

鈴木尚広さん、長い間お疲れ様でした。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする