多村仁志が現役引退!数少ない右のスラッガー・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ブロガーののとやです。

多村仁志にかんする残念なニュースが入ってきました。

それが多村仁志の現役引退表明。

そう。

多村仁志が現役引退するのです。

多村仁志が現役引退を表明したのが、10月1日。

育成契約で中日ドラゴンズでプレーしていた多村仁志だが、戦力外通告を受けて多村仁志が現役引退を決意した。

多村仁志は現役引退について以下のように語っている。

「いいプロ野球人生を送れた。22年、ファンの方々と出会えて、一緒に戦ってきた人生に感謝しかない。ありがとうの思いでいっぱいです。ファンの人がいなかったら僕はいなかった」と目に涙を浮かべて話した。

今後については「いずれは指導者という形で恩返ししたい。まずは家族サービス、パパらしいことをしないと」と語った。

引用:中日多村が涙の引退「いいプロ野球人生を送れた」。日刊スポーツ

多村仁志は日本に数少ない日本人スラッガーだった。

多村仁志はプロ野球で多数のホームランを打ち、特に2004年にはホームラン40本、打点100と大活躍した。

通算打率が.281、ホームランが195本と活躍した。

多村仁志の活躍はプロ野球だけでにとどまらず、WBC2006ではホームランを打つなど日本代表の世界一に大きく貢献した。

そんな右のスラッガー多村仁志の現役引退。

残念ですね。

多村仁志現役引退への反応はこんな感じ。

多村仁志現役引退に惜しむ声があがっているね。

多村仁志選手、長い間お疲れ様でした。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする