就活つらい!自分のペースで無理なく行うことが大切

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に携わる為には、就活を実施しなくてはいけません。

多くの会社や企業が優秀な人材を求めて積極的に採用しており、貴重な人材を確保できるようにしています。

そんな就活なのですがつらいと感じる部分もあります。

そこで就活を行う時につらいと感じる部分やどのような対処をすることで、つらい状況を改善できるのかまとめてみました。

就活がつらい・・・しんどい。そもそもなんで就活って辛いんだろうか?

就活がつらいと言われる理由

たくさんの人が就活を行っており、様々な仕事に携わっているのですがつらいと感じやすくなっています。

主に三つの部分が就活をする時につらいと言われやすいのが特徴です。

これから就活を実施する人は、この三つのポイントに注意しながら就活を行わなくてはいけません。

何度も応募して選考に落とされるつらさ

就活がつらいと言われる理由で、何度も応募して選考に落とされるつらさがあります。

人によっては一度の選考で最高の結果を出すことができ、つらい部分を感じない場合もあります。

しかしこのようなケースは稀になっていて、多くの人が何度も選考に落とされながら魅力的な会社に就職できるように就活を行っています。

人によっては数十回から百回以上応募して、選考に落とされる場合も残念ながらあります。

そのような状況が起きても諦めずに就活を続けていかないと目的の就職を果たすことができないです。

とても大変な部分になっているので、就活がつらいと言われる理由の一つになります。

就活をしている時は精神的に休まらない

基本的に就活をしている時は、小まめに求人をチェックしなくてはいけません。

その他にも合同説明会を確認したり、選考対策などを行わないといけないのでやるべきことが色々とあります。

心身ともに休まらないケースがほとんどで、とても大変な時期を過ごすことになります。

このように大変な時期を過ごさないといけないので、多くの人がつらいと感じやすいです。

比較的短期間で就活を終了させることができれば別ですがどうしても一定期間、就活を行うことが多いです。

長期間になるほど精神的に休まることができなくて、日常生活や睡眠などに悪影響を及ぼす恐れもあります。

何時になったら就活が終わるのか不透明な部分

何時になったら就活を終了させることができるのか分からないのもつらい部分の一つです。

一ヶ月ほどで就活を完了できる場合もあれば、半年以上就活を続けないと残念ながら終了することができない時もあるのでつらいです。

その他にも一定期間内定を獲得できないと気持ちも焦りがちになります。

何時になったら内定を獲得し、就活を終了できるのか分からなくなるのでいい加減な就活を実施しやすいです。

自分の希望とは全然違った会社に応募するなどの状況も発生しやすくなるので、注意しなくてはいけません。

就活つらいはどれくらい続くの?

就活のつらい状況は何時まで続くのか気になる人も多いのですが基本的に会社から内定を獲得するまで、残念ながら就活のつらい部分が発生し続けます。

短期間で内定を獲得できた場合、そこまで就活につらさを感じないで終了することができます。

しかし何十社も応募して、選考に落とされた場合は長期間の就活になりやすいため、つらい部分を感じやすいです。

何としても就活のつらい部分を軽減したい人は、短期間で就活を完了できるように積極的な行動をすることが必要です。

そして応募を実施していき、内定という最高の結果を出せるように頑張らなくてはいけません。

就活つらいときに考えておきたいこと

就活がつらいと感じた時、何かの原因が発生している可能性があるので一度冷静に考えなくてはいけません。

原因をはっきりとさせることができれば、後はその原因を排除することで、少しでも就活がつらいと感じなくなるため、大切な部分になります。

大手企業に応募ばっかしている

大手企業で仕事ができれば、安定した仕事に携わりやすくなります。

しかし大手企業はたくさんの人が就活で応募しており、激しい競争が繰り広げられています。

その中から内定を獲得するのは至難になっているので、中々内定を獲得できない場合も多いです。

大手企業は魅力的かもしれませんが中小企業は、中小企業の良さがあります。

大手企業と比較して業績や経営が安定していないかもしれませんがいきなり戦力として仕事に携われる可能性があります。

短期間で成長でき、たくさんのお金を稼げる可能性もあるので、中小企業も魅力的な会社の一つです。

就活がつらいと感じた時はこのように応募する企業の視野を広げることで、少しでも内定を獲得しやすくなります。

今も多くの人が中小企業で仕事をしており、貴重な戦力として働いています。

自分のペースで無理なく行うことが大切

就活を行う時、周りの人と比べてしまうことが非常に多いです。

就活を行ってすぐに内定を獲得できればいいのですが中々内定を獲得できない時は、気持ちが焦りやすくなります。

特に就活を行っている友人が続々と内定を獲得している時、余計焦りやすくなるので、注意しなくてはいけません。

気持ちが焦っても内定を獲得できる訳ではないので、就活をする時はあくまで自分のペースで焦らず行うことが重要です。

そうすれば精神的な負担を少しでも減らしながら目的の就活を行えるようになります。そして何時かは内定を獲得できるので、無理せず実施するのがポイントです。

焦ってしまうと適当に応募してしまい、更なる悪循環を生み出す恐れがあるので気を付けないといけません。

就活の仕方に問題があるのか分析

現在では色んな方法で就活を行えるので、一つの方法にこだわりすぎていないか確認することが必要です。

学校や大学などの就活サポートを利用したり、インターネット上に存在している就活サイトを利用するのも選択肢の一つです。

その他にも定期的に行われている合同説明会などに積極参加すれば、魅力的な会社をいくつも見つけることができます。

また状況によっては書類や面接などの選考で、駄目な部分を把握でき、少しでも内定を獲得できる状況を作り出せます。

現状どのような就活を行っているのかその人で異なっているので、問題が発生していないか考えることが求められてきます。

就活つらいときおすすめの気分転換

現状就活がつらいと感じている場合は、気分転換をすることで少しでもリフレッシュできます。

そして気分一新した状況で、再び就活を行えるようになるため、良い結果を出しやすくなります。

人によってどのような気分転換が適しているのか異なっているため、よく考えて実施することが重要です。

趣味に没頭することでリフレッシュ

就活を行っている時は、一日でも早く結果を出したいという気持ちが強くなってしまい、リフレッシュをどうしても忘れがちです。

そこで趣味に没頭することで、疲れてしまった心を癒すことができ、精神的にリフレッシュできます。

音楽や本を読んでもいいですし、好きな食事を行っても全然問題はありません。

寝るのが趣味な人は、何時もより多く睡眠をとることで心身ともにリフレッシュできるようになります。

趣味の時間を作ることで、これまで溜まっていたストレスを解消でき、効率よく就活を行えるようになります。

ただしあまりにも趣味に没頭しすぎてしまうと就活を行いたくない気持ちが強くなってしまいます。

そこで適切な時間で趣味に没頭することが重要なポイントで、のんびりとした時間を過ごせるように工夫することが必要です。

人によってどのような趣味なのか違ってくるのですが極力お金のかからない趣味を実施することが重要です。

あまりにもお金のかかる趣味は、経済的な負担が大きくなるので、気を付けないといけません。

思い切って旅行をするのも一つの選択肢

お金の余裕がある人限定になってしまうのですが思い切って旅行をするのも一つの方法です。

旅行をすることで、色んな物や自然と触れ合うことができ、楽しい思い出をたくさん作ることができます。

慢性的に発生している疲労に関しても一気に解消できる可能性があるので、旅行を行うのか効果的な方法になります。

また就活でつらい時に旅行を行うメリットとして、色んな物や自然と触れ合うことで希望している仕事を見つけられる可能性があります。

特に精神的に大きなインパクトを与えた場合、それに関連している仕事に携わりたいと強く思うケースがあります。

そのような状況が発生した時は、関連している仕事に携われるように一生懸命就活を行えるので、最高の結果を出しやすくなります。

その中でもおすすめなのが、リゾートバイト。

リゾートバイトは食費や宿泊費が無料で月20万円以上貯めることも可能だったりします。

旅行を行いながら、お金を稼ぐこともできるので、お金のない学生さんにおすすめです。

リゾートバイトとはどんな働き方?魅力や注意点、始め方まで解説!

色んな人に就活の愚痴を実施

就活でつらい時は、色んな人にこれまで実施した就活の愚痴を色々と話すのも効果的な方法です。

誰にでも話ができる内容ではないので、話す人をある程度限定しなくてはいけません。また愚痴になってしまうので、あまりにも話過ぎると人間関係に悪い影響を及ぼす恐れがあります。

あくまで適度に話をしていき、現状溜まっているストレスを解消することがポイントです。

これまで辛かった就活のつらい部分を思い切って話をすることで、ストレス解消を期待できます。

そして気分をリフレッシュさせる事ができ、最高の状態で再び就活を行えるようになります。

また愚痴を聞いてくれた身内や友人によっては、色々とアドバイスしてくれる場合があります。

そのアドバイスによって、これまで以上に満足できる就活を行える可能性があるので、色々な効果を期待できます。

就活がつらいときの対処法

就活がつらいときの対処法はいくつも存在しており、どの方法も効果があります。

深刻な状況になる前に実施することで精神的な負担を少しでも減らし、再び就活を行えるようになるのでとても重要です。

選考対策を徹底的に実施すること

基本的に多くの会社が選考を実施しており、選考で好成績を残すことができた人は内定を獲得できます。

そこで選考対策を徹底的に行っていけば、就活を短期間で終了させられる可能性が高まります。

まずは書類選考対策として、質の高い履歴書を作成できているのか判断しなくてはいけません。

誤字脱字が発生しているのか確認したり、興味や関心を与える志望動機が掲載されているのか見極めることが必要です。

その他にも学歴や趣味などが誤っていないかチェックすれば、魅力的な履歴書を作成しやすくなります。

その他にも面接対策が必要不可欠で、緊張しないで面接官の質問に上手く対応できるかが重要になります。

癖を修正すれば、できる限り面接官に嫌な印象を与えないで済むので、内定の結果を出しやすくなります。

とても重要な対処法になっているので、つらい時は徹底的に対策することが必要です。

結果を求めすぎないで気軽に就活を実施

多くの人が短期間で内定を求めて就活を行っており、精神的に追い込んでいます。

確かに短期間で就活を終了させることができれば、残りの期間はのんびりとした時間を過ごせます。

しかしあまりにも焦りすぎてしまうと満足できる就活を行えなくなるので、気を付けないといけません。

そこで結果が出なくて就活がつらいと感じた時は、一度冷静になって結果を求めすぎないように考え方を変えるだけでも効果があります。

真剣になりすぎることで、このように追い込み過ぎてしまい、つらいと感じやすいです。

そこで気軽に行っていけば、そこまでつらいと感じなくなり、ポジティブに就活を行えるようになります。

ただ就活をする以上、いい加減に行っては何時まで経っても内定を獲得することができないです。

実施する時は気持ちを引き締めながら自分のペースで行うことで、自然と内定を獲得しやすくなります。

就活に詳しい人に相談

就活は一人で行うことが多いので、孤独を感じやすいです。

最初は友人同士で一緒に行っていても応募する会社が異なるので、最終的には一人で内定を獲得しなくてはいけません。

就活がつらいと感じた時は、就活に詳しい人に相談することが必要です。

身内に相談してもいいですし、学校や大学に在籍している就活に詳しい先生や講師に相談しても全然問題はないです。

相談することで色々とアドバイスしてくれるケースがほとんどのため、状況打開しやすくなります。

一緒に選考対策を行ってくれる場合もあるので、心強い味方を獲得できます。

何よりも一人で就活を行う訳ではなくなるので、精神的に余裕を持てるようになります。

就活相談については以下の記事でわかりやすく説明してあるので、興味がある方はみてみてください。

無料で就活できるサービスまとめ!相談できるものから面接対策まで

どのような仕事を求めているのか考えること

就活がつらい時、何としても結果を出す為に適当な応募をしてしまうことが多いです。それでは内定を獲得できてもその後に大きな問題が発生する恐れがあるので、気を付けないといけません。

つらいと感じた時は、どのような仕事を希望しているのかよく考えることが必要です。

あまりにもこだわりが強すぎることで、内定を獲得しにくくなっている場合があるので注意です。

よく考えれば、改めてどのような仕事を希望しているのか把握できます。

また希望の仕事が変化した場合、誤った就活を極力避けられるようになるので、納得できる就活を行いやすくなります。

必ず休む日を定めることが重要

どうしても気持ちが焦ってしまって、毎日就活を行ってしまい、つらいを感じやすくなります。

そこで毎日就活を行うのではなく、一週間に一日もしくは二日ほど休みの日を設定することで、つらい状況を極力避けられるようになります。

この時にできる限り就活に触れないように休みを過ごすことが必要です。

もし就活に関する情報が入ってしまうとせっかくの休みも就活を考えてしまう恐れがあります。

そして心身の疲労が大きくなる恐れがあるので、極力考えないようにするのが大切です。

まとめ

たくさんの人が就活を行っていて、目的の会社から内定を獲得することができています。

何時まで実施しないといけないのか分からなかったり、何度も落とされてしまうのが就活のつらい部分です。

考えておく事として応募に問題が発生していたり、急ぎ過ぎた就活を行っている恐れがあるので無理をしないで冷静に応募することが重要です。

そこで趣味や好きなことに没頭したり、旅行をすることで少しでもリフレッシュできるようになります。

また就活のつらい時の対処法として、選考対策をしっかりと行うことで内定を獲得しやすくなります。

また精神的に追い込み過ぎている場合があるので、無理せず休みの日をしっかりと定めれば、つらい状況が少なくて済みので、かなりおすすめです。

就活がつらい・・・しんどい。そもそもなんで就活って辛いんだろうか?

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする