日本対UAE戦!スタメンとキーマン。アジア最終予選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月1日行われるアジア最終予選の日本対UAE戦。

今回のアジア最終予選は近年で最も難しいアジア最終予選とも言われている。

まあ、私はこれっぽちも難しいとは思っていないのだが。

今回の日本対UAE戦は、前回のアジアカップでUAEに敗れているためにかなり注目が集まっている。

その中でも注目されているのが、日本対UAEのスタメンだ。

UAEについては、やはり司令塔のオマルがスタメンの中でも最も注目される選手。

一方で、日本代表のスタメンは様々な憶測が飛んでいる。

今回槙野智章、長友佑都が足の怪我と違和感でメンバーに外れた。

当然のことながら、長友佑都と槙野智章は日本対UAE戦のスタメンから外ます。

また、今回日本対UAE戦でスタメンではないかと報道していたのが、大島僚太だ。

大島僚太はリオオリンピックで活躍した1つ下の世代の選手で、所属チーム川崎フロンターレで活躍しているボランチの選手で、パスが得意な司令塔だ。

このポジションの選手は目立たないが、ゲームを組み立てていく重要なポジションで重要な日本対UAE戦の勝利に大きなカギを握ることになる。


その日本対UAE戦のスタメンがさきほど発表されました。

スタメンは以下のとおりです。

日本代表スタメン

▼GK
西川周作
▼DF
酒井宏樹
森重真人
吉田麻也
酒井高徳
▼MF
長谷部誠
大島僚太
香川真司
清武弘嗣
本田圭佑
▼FW
岡崎慎司

UAEのスタメン

GK

イーサ

DF

サンクール

ハリブ

アメフド

サレム

MF

イスマーイール

アメル

オマル

アフマハディ

FW

ハリル

マグフート

このスタメンを見てもやはりUAEのキーマンはオマル。

彼のパスの精度はかなり高い。

日本代表のキーマンは清武弘嗣。

今回スタメンにあげられたが、清武弘嗣はパスもゴールも打てる選手。

香川真司との元セレッソコンビのコンビネーションはかなりよく、日本対UAE戦で膠着状態になったときには、スタメン清武弘嗣のプレーが日本に勝利をもたらすことになるだろう。

今回、大島僚太がスタメンになった理由は、山口蛍と柏木陽介が違和感を感じたためと言われている。

これは、なにか大島僚太への風が吹いている様な気がしますが。

アジア最終予選日本対UAE戦のスタメンの反応はこんな感じ。


やはり大島僚太のスタメンに注目の声があがっていますね。

アジア最終予選日本対UAE戦での活躍を期待しています。

サッカー日本代表記事まとめ

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする