渡辺恒雄が苦言!「高橋由伸」をかばう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渡邉恒雄が苦言をていした。

渡邉恒雄は球界のドンとしても有名。

渡邉恒雄が所属する読売は、読売新聞、読売テレビ、読売ジャイアンツと影響力がある。

渡邉恒雄をに嫌われると、芸能界など派手な世界で生きていくのは難しい。

そんな渡邉恒雄が苦言を呈した。

渡邉恒雄が苦言を呈したのは、読売ジャイアンツのフロント。

フロントに対して渡邉恒雄は、

「やっぱりこれはね、由伸(高橋監督)の責任じゃないからな。フロントだよ。補強してないんだから。こんな補強せずに、今の陣容で勝てったって無理だよ」

スポニチアネックス

とフロントに対して苦言を呈して、高橋由伸監督をかばった。

他にも渡邉恒雄は高橋由伸に関して、

「無表情だと言うけど、感性豊かだ。記者の前ではあんまり自分の感情を出さん。コントロールする能力、知性がある。最高の人材」
「長嶋も王も、ボロボロ(のチーム)になったのを引き継いだときに負けてるじゃねえか」

まあ、渡邉恒雄がフロントに苦言を呈する気持ちもわかる。

今年の現在4位の借金4。

常勝軍団読売ジャイアンツにおいて、借金生活というのは渡邉恒雄が苦言を呈したくなるのはわかる。

でも、今首位を走っている広島東洋カープはほとんどが生え抜きの選手で育成に成功している。

一方巨人の場合は、補強した選手が活躍できていく、生え抜きの選手も目立った活躍をしている選手が少ない。

渡邉恒雄が苦言を呈すべきなのは、フロントではなく、原監督だろう。

原監督が指揮を取って、ビックリするくらい生え抜きの選手が活躍したが、ことごとく潰れていった。

おそらく、長期的な視野に立てず、選手をすぐ変えてしまうために選手がプレッシャーに耐えられなくなってしまっただろう。

巨人が進む方向は、フロントに渡邉恒雄が苦言を呈するのではなくて、3年から5年をかけて若手を育成することだろう。

ベテラン選手依存から、若手選手がひっぱっていくような巨人軍にしないと渡邉恒雄が苦言を言えないくらいひどい状況になるだろう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする