山本一義が死去!広島の優勝を見届けてから・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ブロガーののとやです。

広島で活躍してロッテの監督を務めた山本一義。

その山本一義にかんする残念なニュースが入ってきました・

それが山本一義の死去。

そう。

山本一義が死去しました。

山本一義が死去したのが9月17日。

死因は尿道ガン。

山本一義の死去を報道したのは時事通信。

山本一義死去の詳細は以下に書いてあります。

1960年代から70年代にかけてプロ野球広島の主軸打者として活躍し、ロッテ監督などを務めた山本一義(やまもと・かずよし)さんが9月17日午後9時4分、尿管がんのため広島市の病院で死去したことが3日、分かった。78歳だった。広島県出身。告別式は家族葬として済ませた。

9月10日に広島が25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たし、祝賀ムードに水を差したくないとする故人の意向で、遺族が公表を控えていたという。

引用:山本一義さん死去、78歳=広島の強打者、ロッテ監督―プロ野球。時事通信

遺族が広島の優勝に水をささないために、公表を控えていた。

日本人らしい心遣いだよね。

山本一義といえば、広島で活躍していたよね。

そんな山本一義がこのタイミングで死去したのは残念。

でも、広島の優勝が決まってから山本一義が死去したから、山本一義は広島の優勝を見るために行きていたのかもしれないね。

そんな山本一義死去への反応はこんな感じ。
&nbsp

山本一義の死去。

残念ですね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする