山本理が死去!元作新学院監督。甲子園優勝した年に・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作新学院元監督山本理。

山本理といえば、1962年に甲子園春夏連覇に導いた名将。

その山本理が死去しました。

山本理が死去たのは、11月19日。

山本理の死去か。

今年の作新学院の優勝を見届けたから、満足して亡くなったのかもしれないね。

今井達也ホントに凄かったもんな。

全くの無名選手だった今井達也が、一躍ドラフト1位だもんな。

今井達也!作新学院!西武ライオンズドラフト1位指名!15勝もあり得る?

それでも名将山本理の死去は残念だね。

山本理の死去について毎日新聞が報道している。

1962年に栃木・作新学院高野球部の監督として史上初の甲子園春夏連覇を達成した山本理(やまもと・おさむ)さんが19日、死去した。83歳。通夜は23日午後5時半、葬儀は24日午後1時半、宇都宮市上欠町719の1の「悠久の丘」。喪主は長女真理(まり)さん。

作新学院高から神奈川大を経て、56年に監督就任。62年には当時エースだった八木沢荘六さん(元ロッテ監督)らを擁して甲子園春夏連覇を成し遂げた。「怪物」と呼ばれた江川卓さん(元巨人)など数多くのプロ選手を輩出してきた。

引用:<訃報>作新学院元監督、山本理さん死去…甲子園春夏連覇。毎日新聞

山本理死去への反応はこんな感じ。







山本理さんの死去。

今までお疲れ様でした。

入江大生!作新学院4番バッター「3試合連続ホームラン」を打つ強打者

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする