北海道函館市で大地震!最大震度6弱「内浦湾」津波の心配は??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の14時21分頃北海道函館市の内浦湾で震度6弱の地震がありました。

震源地は函館市の内浦湾でマグニチュードが5.3、震源の深さが10キロと推定されている。

北海道の函館市内浦湾で震度6弱。

津波などが心配ですね・・・

14時42分には震度2、マグニチュード2.6ですが、余震が起きていますね。

熊本地震では、一番最初の揺れより後の揺れのほうが大きかった場合もあるので、今回の北海道内浦湾での大地震も注意したいところですね。

今回の北海道内浦湾での大地震では、原発止めろって話になるのかな??

その前に、内浦湾の近くに原発がないのかな??

泊原発はどうなの

熊本地震で大きな話題になったのが川内原発の状況。

今回の北海道函館市内浦湾での近くにあるのが泊原発。

気になるのは、泊原発の距離と、被害の有無だが、泊原発の場所は以下の地図から見ることができる。

スクリーンショット 2016-06-16 15.16.38

泊原発から函館市にある泊原発はけっこう距離があるみい。

気になる泊原発がへの影響ですが、北海道電力によると泊原発への影響はないようです。

泊原発に影響がなくてよかったですね。

東通原発はどうなの??

泊原発だけではなく、近くにあるのが東通原発。

東通原発は以下の地図にある。

スクリーンショット 2016-06-16 15.23.57

北海道函館市の内浦湾地震での東通原発への影響は、原子力規制庁によると異常情報は入っていないとのこと。

距離から見ても、大丈夫そうです。

北海道内浦湾の場所

北海道内浦湾は、北海道の南西、函館市にある地域です。

スクリーンショット 2016-06-16 14.58.47

上の画像で赤いピンが立っているのが今回地震が起きた北海道函館市の内浦湾の場所。

内浦湾は、別称噴火湾とも呼ばれている。

wikipedia情報によると、1796年にきた

「英国の調査スループプロビデンス号のブロートン海尉が、内浦湾がほぼ円形な事と、周囲を取り囲む北海道駒ヶ岳や有珠山などの火山を見て「これは Volcano Bay だ」と語ったことに由来するといわれる。」

だが、内浦湾には多くの火山噴出物が見つかっていないことから、カルデラによる地形ではないと論じられているみたい。

内浦湾は隕石孔(クレータ)によって出来たものと考えれているみたい。

巨大な隕石が落ちたんですね。

今回の北海道函館市内浦湾地震は津波がなかったことから火山性の地震と言われているけど、実際はどうなのだろうか。

北海道内浦湾地震が震度弱6だったネット上の反応

北海道の函館市内浦湾での地震が震度6弱に関するネット上の反応はこんな感じ。

たしかに、北海道の内浦湾で震度6弱でも、反対側はほとんど揺れないですよね。

津波の心配はないようでよかったです。

震度6弱は大げさというツイートもありますね。

地震のときはデマが流れちゃうのかな??

いずれにしても、北海道函館市内浦湾での地震の被害が少なくすむよう祈るばかりです。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で有名人の名言ブログをフォローしよう!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする